フィリピン滞在徹底ガイド

保険に加入しましょう



 

フィリピンのみならず海外で通院、入院となった場合、かなり高額の医療費
が請求されます。必ず保険には加入しておきましょう。

 

海外旅行保険

 

AIU保険などが滞在期間に応じた保険を提供しています。お近くの旅行代理
店で加入することができます。フィリピンへの旅行などで、滞在期間が90日
以内でしたら、海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードで十分
カバーできます。

 

海外旅行保険付きクレジットカード

 

クレジットカードは、最低でも2枚は持っていくことをおすすめします。
1枚はいつも使うカード、もう1枚はバックアップ用です。メインのカード
が紛失または盗難に遭った場合などの事態を考慮しておく必要があります。

 

クレジットカードに海外旅行保険が自動付帯されているカードで、年会費無
料または1,000円程度のものを、合計2枚持っておくのが良いでしょう。
「自動付帯」と「利用付帯」があり、「利用付帯」とは、そのカードで旅行
代金を支払った場合にのみ、保険が適用されるというものです。
「自動付帯」では、カード利用の有無にかかわらず保険に加入されますので
「自動付帯」されているカードを選ぶと良いでしょう。

 

複数のクレジットカードを持つ!

 

滞在期間90日までしか適用されませんが、複数のクレジットカードを持つこ
とでかなりの範囲をカバーできます。死亡補償はカードを複数枚持っていて
も、補償額の一番高いカードの額までしか保証されません。
一方、傷害治療、携行品損害などは、最高額が複数カードの合算額までが補
償範囲となるからです。

 

ご自分が持っているカードに海外旅行保険が自動付帯されているか、付帯さ
れている場合は、補償額がどうなっているかを調べてみましょう。

 

【エポスカード】
には、自動付帯で傷害保険が付いています。
補償内容は下記のとおりです。
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)


 

フィリピンを含む海外での治療費や入院費は、日本と比べてかなり高額です。