フィリピン滞在徹底ガイド

これからフィリピンで働こうと考えている方へ

 

フィリピンで働くパターンは、おおよそ以下のように分類できます。

 

日本企業からフィリピンへの派遣

 

いわゆる「駐在員」ですが、給与・福利厚生の待遇面が良いため、この方法
が一番おすすめです。

 

 

日系企業への就職

 

フィリピンでの現地採用ですが、フィリピン人の部下を持つことになること
が多いようです。また、社用車を貸与されることもあります。
給与は手取りで、6万ペソから8万ペソの範囲が多いようです。

 

 

フィリピン企業への就職

 

IT系企業が多く、フィリピンへのオフショア(日本で行ってきた業務を人件
費の安いフィリピンで行うもので、人件費等のコスト削減が目的)が多いです。
給与は手取りで、5万ペソから7万ペソの範囲が多いようです。

 

現地採用の場合のボーナスは「13th Month Pay」と呼ばれ「基本給の1ヶ月分」
が普通のようです。

 

就学中の子供さんが帯同される場合には、熟慮していただきたいと思います。
フィリピンでの教育費は思ったより高額です。授業料以外にも費用がかかるよ
うです。教育費だけを日本と比較するとフィリピンの方が費用がかかります。

 

 

就職情報は最大50万円の転職祝い金がもらえる。キャリコネ転職サービス

で入手できますのでご活用ください。

 

また、フィリピン(マニラ、セブ)での就職を検討されている方は、メールで
ご連絡ください。就職情報や現地情報などの情報提供をいたします。

関連ページ

フィリピンで在宅で働く
フィリピン マニラ在住13年のサイト運営者による、フィリピン滞在、留学、旅行のための徹底ガイドです。